フェリシモ?
  • フェリシモトップへ
  • 初めての方へ
  • ご利用ガイド
  • お問い合わせ
  • 新規会員登録

義援金で応援2014.12.10

誰もがふりカエル!? 兵庫県立美術館のシンボル 「美(み)かえる」のキャンディを企画しました!

みなさま、こんにちは! フェリシモが、兵庫県立美術館とともに、同館のシンボルである、「かえる」のオブジェ「美かえる」のグッズを企画・製造しました。2014年12月1日より、兵庫県立美術館のミュージアムショップにて発売中です。

Blog用IMG_0547.jpg

 

2011年9月に兵庫県立美術館の屋根の上に登場した巨大なオブジェ「美かえる」

 

美術館の場所を多くの方に分かりやすくアピールするシンボルとして、また美術館に続くミュージアムロードをはじめ地域の更なるにぎわいを願ってオランダ人アーティストのフロレンティン・ホフマン氏にデザイン制作を依頼されました。

20110929-5.jpg

 ホフマン氏はこの12月に大阪・中之島に再登場する巨大オブジェ「ラバー・ダック」の作者としても人気のアーティストです。

ホフマン氏とフェリシモが契約を交わし、いくつかのアイデアの中から、キャンディが商品化されることになりました。断面が美かえるのユーモラスな表情になったキャンディです。パッケージは美かえるカラーで彩られ、美術館の屋根から乗り出すような美かえるのポーズそのままに、立体的な構造になっています。

 

 

700名からの公募により命名され、文化の復興の象徴として親しまれています

 

県立美術館の蓑豊館長は、「"かえる"という言葉は、阪神・淡路大震災からの文化復興を目指す当館のイメージにふさわしい。帰る時に"見返る"、そしてまた"見に返る"ような美術館にしていきたい」とアピールされています。 

※兵庫県立美術館ウェブサイト「ミュージアムロード」より

http://www.artm.pref.hyogo.jp/diary/museumroad/index.html#a20120109

 

これまでも「美かえるグッズをおみやげに」とお求めになる声が多かったことから、待望の新発売となりました。

なお、このキャンディの売り上げの一部は、フロレンティン・ホフマン氏との合意により、東日本大震災の被災地の支援に運用されます。来年、阪神淡路大震災から20年となる兵庫県の「文化の復興の象徴」、そして東日本大震災被災地へのエールを送る役割を担う商品となっています。

 

断面.jpg

美かえるキャンディ(青りんご味) 10粒入り800円(税込み価格)

箱サイズ:7cm×7cm×7cm(美かえるの突出部分を入れて高さ11cm)

兵庫県立美術館1階のミュージアムショップにて発売中です。

http://www.artm.pref.hyogo.jp/ 

  

RECENT ENTRIES 最新記事